メンズ脱毛を検討する上で、

 

  • どのぐらい費用がかかるのか?
  • どのぐらいの期間で効果が出るのか?

 

というのは、みなさん、非常に気になるポイントだと思います。

もちろん、安くて短い期間で効果が出る方法を望んでいる方がほとんどだと思います。

 

吹き出し 右2

残念ながら、男性の太い毛に対し、それらを両立できる方法は今のところありません。

重要なことは、「いかに効率よく処置を行い、費用を抑えるか」です!

 

その方法について学んでいきましょう!

 

 

効率よく脱毛するには?

はやる気持ちを抑えましょう!

 

家庭で自分で脱毛する場合は、特に、効果をすぐに出したい気持ちが強くなり、やみくもに短い間隔で処置をして肌トラブルなどになりがちです

 

吹き出し 左3

私もそうでした。

効率よく処置するには、はやる気持ちを抑え、ヘアサイクルのうち、「毛がダメージを受けやすいタイミングで処置を行う」ことが重要です。

 

ヘアサイクル(毛周期)とは?

レーザーや光に反応できるのは成長期の毛だけ!

 

吹き出し 右2

まずはヘアサイクルについて学びましょう!

毛が生え始めてから抜けるまでのサイクルを「毛周期」といいます。

 

毛周期は次の3つの周期に分かれています。

 

周期 説明

成長期

毛が新たに生まれて伸びていく時期

退行期

成長が止まり、毛根から毛が抜けやすい時期

休止期

毛が抜け、次の毛を作る準備時期

 

毛を生えにくくするには、レーザーや光を毛根に反応させ、ダメージを与えることが必要です。

 

 

レーザーや光は黒色(メラニン色素)に反応するため、毛の色が濃くないと十分にダメージを与えることはできません。

 

成長期の毛は、毛母細胞が活発でメラニン色素は濃く、レーザーや光が毛根まで反応することが可能です。一方、退行期や休止期の毛はメラニン色素が薄く、レーザーや光が反応できません

 

つまり、効率よく脱毛するには、1回目の処置を行った後に退行期と休止期を待って、成長期になってから、次の処置を行う必要があります

 

成長期(脱毛に適したタイミング)の見極め方は?

毛が生えそろったときが目安!

 

成長期になってから次の処置を行う必要があると言いましたが、毛周期には個人差があり、また、部位によっても異なるため、成長期を見極めるのは非常に困難です

 

吹き出し 左5

それではいつまで待てばいいの?

それは、処置後に再度、「十分毛が生えそろったとき!」が目安になります。

 

適切な脱毛の間隔は?

ヒゲ1.5ヶ月以上、その他2ヶ月以上!

 

そうはいっても、脱毛を始める前に、だいたいの期間は知っておきたいものです。

 

なので、一般的に言われている、処置の間隔を説明します。ヒゲと体で大きく分けることができます。

 

吹き出し 右1

個人差があるので参考程度に…

部位 処置後の間隔

(1~5回目の処置)

処置後の間隔

(6回目以降の処置)

ヒゲ

6~8週間 8~12週間

顔から下

8~10週間 10~14週間

 

ヒゲは他の毛に比べると、毛周期のサイクルが早いので、若干間隔が短くなります。

 

男性の脱毛はどれぐらいで効果が出るのか?

根気強く続けて下さい!

 

それでは、適切な間隔で処置した場合、実際にどれぐらいで効果が出るのかを最後に紹介します。

 

最も効果のある医療用レーザーを例にあげます。こちらも個人差があるので参考まで。

 

部位 薄くなる

までの

回数・期間

ツルツルになる

までの

回数・期間

ヒゲ

4~6回・

6ヶ月以上

10回以上・

1年以上

胸・腹

3~4回・

6ヶ月以上

5回以上・

10ヶ月以上

腕・指

2~3回・

4ヶ月以上

5回以上・

10ヶ月以上

2~3回・

4ヶ月以上

5回以上・

10ヶ月以上

VIO

3~5回・

6ヶ月以上

10回以上・

1年以上

すね

6~8週間 8~12週間

 

ヒゲは正直しぶといです。

 

ツルツルにしようと思ったら、長ければ3年近くかかります。(私はかなり濃かったので、20回以上で3年もかかりました…)

 

最初のうちは中々効果も出ず、心配になる方もいるかと思いますが、脱毛はそういうものだと割り切りましょう

 

吹き出し 左4

根気が大事です!

まとめ

 

 

効率的に脱毛するには、毛周期の成長期に処置をする

処置は、毛が生えそろったタイミングで実施する

☑毛はしぶとい。効果が出るまで根気が必要