男性 脱毛 方法 まとめ

男性脱毛を始める前に…

吹き出し 右2

このブログでは、男性脱毛について様々な脱毛方法をお伝えします。

ですが、その前に 、

  • そもそも毛の構造ってどうなっているのか
  • どうやって毛が生えるのか
  • どうやって毛が生えにくくなるのか

 

などの「毛が生える仕組み」を知ることをおすすめします!

 

これから、みなさんが、より効果的な脱毛方法や自分にあった脱毛方法を検討していく上で、これらの基礎知識は、非常に役に立ちます

 

面倒臭がらず、みなさんもぜひ「毛が生える仕組み」を学んでいって下さい!

 

 

毛の構造は?

「毛乳頭」と「毛母細胞」で毛が作られる

吹き出し 左6

  • 脱毛してツルツルにしたい
  • 脱毛して少し薄くしたい
  • デザイン脱毛したい

みなさんそれぞれで希望は異なると思います。

 

ただし、いずれの方にもいえるのは、「毛を生えにくくする必要がある」ということです。

 

毛を生えにくくするには、そもそもどうやって毛が生えるのかを理解し、毛が生えるのを防止する方法を考える必要があります。

 

まずは、毛の構造を含め、毛が生えるメカニズムを理解しましょう!

 

毛の構造

 

部位 説明

毛幹

皮膚より外に出ている目で見える部分

毛根

皮膚の中にあって目で見えない部分の総称

毛乳頭

毛根の最深部にあり、毛細血管とつながっている部分

毛母細胞

毛乳頭の周囲を覆う細胞組織

 

毛は皮膚より外に出ている毛幹と、皮膚の中にある毛根に大きく分けられます。毛根の中には、「毛乳頭」「毛母細胞」が存在し、これらの働きで毛は成長します。

 

毛が生えるまでのメカニズムは?

毛が成長するかしないかは毛乳頭次第!

毛は「毛乳頭」と「毛母細胞」の働きにより、以下のように生えていきます。

 

  1. 毛細血管から毛乳頭がたんぱく質やアミノ酸などの栄養を受け取る。
  2. 栄養を受け取った毛乳頭が毛母細胞に発毛のシグナルを出す
  3. 発毛シグナルを受けた毛母細胞が細胞分裂する
  4. 毛母細胞が細胞分裂を繰り返し皮膚より外に出て毛となる

 

吹き出し 右2

毛乳頭は「毛が生えるための司令塔」です。

 

その毛乳頭が元気なままなら、毛は再生・成長し続けます。

 

逆に毛乳頭がダメージを受けたり、破壊されると毛は生えにくくなります。

 

毛乳頭にダメージを与えたり、破壊するには、外部からの刺激が必要になります。

 

毛の生え方と脱毛方法の関係

毛乳頭を破壊できるのは医療用レーザーのみ!!

毛の生え方は毛乳頭次第、ということは理解できたと思います。

 

吹き出し 左5

でも、毛乳頭にダメージを与えるにはどうすればいいんだろう?

それでは、みなさんでも実施できる脱毛方法とそれによる毛乳頭への影響について、説明します!

 

処理方法 毛乳頭 処理後の毛

シェービング

毛抜き

除毛クリーム

変化なし 成長し続ける

家庭用脱毛機

光脱毛(サロン)

ダメージを受ける 生えにくくなる

医療用レーザー

ニードル脱毛

(クリニック)

破壊される 半永久的に生えにくくなる

 

シェービング、毛抜き、除毛クリーム

シェービング

いずれも、一時的に毛幹が無くなるだけで、毛乳頭を破壊できません

(毛抜きは、勘違いされている方が多いですが、ほとんどの場合、毛幹が途中で千切れているだけです)

そのため、処理後も毛乳頭は元気なので、毛は成長を続けます

 

家庭用脱毛機、光脱毛(サロン脱毛)

男性 サロン脱毛

残念ながら、家庭用脱毛機や光脱毛でも、毛乳頭を破壊できません。しかし!ダメージは与えられます

そのため、毛が生えにくくなったり、毛を細くすることは可能です

ただし、破壊まではできないので、人によっては、しばらくすると徐々に生えてくる場合もあります

 

医療用レーザー、ニードル脱毛(クリニック)

男性脱毛 クリニック

「毛乳頭が破壊できる方法は、医療用レーザーまたはニードル脱毛のみ」です。

これらの方法で毛乳頭を破壊すると、毛は半永久的に生えにくくなります

 

処理して、ツルツルになりたいのか、それとも、少し薄くしたいのか…

自分が成りたい姿によっては、選択肢が変わってきます

 

まとめ

 

☑毛乳頭にダメージを与えたり、破壊することで毛は生えにくくなる

☑毛乳頭を破壊まですると、毛はより生えにくくなる

☑家庭用脱毛機、光脱毛は、毛乳頭にダメージを与えられるが、破壊はできない

☑毛乳頭を破壊できるのは、医療用レーザーまたはニードル脱毛だけ