ゴリ太の男性脱毛

はじめに…

吹き出し 右2

はじめまして、「ゴリ太」と申します。

現在、30歳で独身の普通のサラリーマンです。

 

「ゴリ太」という名前ですが、もちろん本名ではありません。

 

高校生の頃から徐々に全身の毛が濃くなって、ゴリラのようになったので、周りから「ゴリ太」と呼ばれるようになりました。

 

本名は恥ずかしいので、ここでは「ゴリ太」を名乗らせて頂きます。

 

男性脱毛をしようか迷っている方へ

脱毛でコンプレックス解消を!

脱毛でコンプレックス解消

私は、かなり遠回りをしましたが、最終的に永久脱毛をしたことで、ようやく「毛深い」というコンプレックスが解消できました。

 

私がそうだったように、多くの男性がムダ毛に対し、色々な悩みを抱えています。

 

  • ヒゲが濃く周りより年上にみられる
  • 胸毛やシャツから見えて恥ずかしい
  • 腕毛がもじゃもじゃで気持ち悪い
  • 背中や尻毛もあってゴリラみたい
  • シェービングが面倒臭い
  • シェービングで肌が荒れる

 

これらの悩みを解決するのに一番の近道は、

ずばり「脱毛」です!

 

私が脱毛を始めた頃は、「脱毛=美容=女性のもの」という認識が強く、男性脱毛がメジャーではありませんでしたが、最近、20代を中心にますます男性脱毛のニーズが高まっています。

 

特にヒゲ脱毛は、毎日のヒゲの処理が面倒臭いというサラリーマンにも人気を集めており、若い方だけでなく年齢層もどんどん広くなっています。

 

吹き出し 左4

もはや脱毛は女性だけのものではありません!

 

脱毛で損をしないために…

脱毛方法の種類は一つではありません。それぞれにメリット・デメリットがあります。

 

しっかりと計画を立てた上で、情報収集を行い、どの方法が自分にベストかを判断することが重要です。

 

吹き出し 悲しい1

それができないと、時間とお金がかなり無駄になります。

(私の場合は、期間で8年、お金は100万以上かかりました…)

 

とは言っても、まだまだ、一般的には「脱毛=美容=女性のもの」で、男性脱毛に関する情報は非常に少ないのが現状です。

 

そこで!色々な脱毛法を試してきた私が情報発信源になり、これまでに得た経験や知識を公開し、みなさんのお役に立てれば…と思っています!

ぜひ参考にしていって下さい!

 

ゴリ太のことをもう少し詳しく…男性脱毛に至るまで

学生時代は全身のシェービングが毎朝の日課!?

髭剃り

 

吹き出し 左4

私は、高校2年生から毛深くなりました。

ヒゲはもちろん、胸毛や背中の毛がしっかりと…

周りはチョロチョロっとわき毛やすね毛が生えている程度。

 

部活で汗をかいて着替えるときや、体育のプールの時間に周りの目が気になるようになりました。

 

思春期だったため、家族に言うのも恥ずかしく、毎朝、洗面所でひげ剃りをした後に、胸毛、背中の毛、尻毛をこそこそと剃っていました。

 

腕毛・わき毛・すね毛は、ツルツルになると逆に目立ってしまうのでは?と考えて剃っていなかったのですが、周りよりだいぶ濃かったので、この頃から「ゴリ」「ゴリ太」などと呼ばれるようになりました。

 

もてたい!男性脱毛しようとしたきっかけ

剛毛は女性はNG

私が脱毛しようとした一番の理由は、毛深いことが女性からあまり好感を持たれなかったからです・・・

 

大学時代や社会人になってから、合コンによく行きましたが、ひどいときには腕毛を見て「キモっ!」とまで言われていました・・・

 

吹き出し 右2

毛深いことがが余計コンプレックスになりました…

 

シェービングでは気が済まなくなり、脱毛したい!と思ったのが始まりです。

 

医療用レーザーに行きつくまで…

まずは自分でできる方法にトライ

除毛クリーム

いざ脱毛といっても、当時は「サロンやクリニックは女性が通うところ」という認識が強く、社会人になりたてでお金もなかったので、まずは家でもできる、除毛クリームや家庭用の脱毛器を試しました。

 

除毛クリームは・・・私には合わなかったです。

すぐ毛が生えてくるし、元々敏感肌だったので肌荒れもしました。

 

家庭用の脱毛器は、数年使って、かなりの効果を実感しました。

ただ、自分では手の届かない背中などは脱毛が難しい…というのがネックになっていました。

 

いざ、サロンへ!

サロンに出発

悩んだ末に、恥ずかしい気持ちを何とか我慢し、思い切ってサロンに通うことに…

しかし、なかなか理想通りにはならず…

 

結果的に、より効果の高い医療脱毛クリニックに通って、ようやくコンプレックスが解消されました。

 

ここまで至るのに、「期間で8年、費用は100万以上…本当にもったいない…」

 

当時は男性脱毛の情報が少なかったから仕方がない…と思いたい気持ちもありますが、それでもやはり完全に情報不足だったと後悔しています。

 

ゴリ太の主張

まずはしっかり計画を立てて、情報収集を!

何よりも今思うことは、「最初からクリニックに通っていれば…」ということです。

時間とお金はもちろん返ってきません。

 

もっと早くクリニックに行っていたら、もっと充実した20代を送れていました…

 

みなさんも悩んでいる暇はありません。

ただし、「計画をしっかりと立て、情報収集を十分に行って」、進めて下さい。

 

吹き出し 左4

みなさんが、それぞれに合った脱毛方法を選択できることを祈っています!