脱毛にはリスクがあります。

 

しかし、その多くは自己ケアによって防げます。

 

脱毛を安全に効果的に進めるために、しっかりと自己ケアをすることが大切です。

 

脱毛期間中の自己ケア方法について、まとめて紹介します。

 

 

施術後の自己ケア

シャワー

 

 

施術当日は、まだ熱の刺激が残っており、入浴することによって体温が上昇すると、炎症や痒みを引き起こすことがあります。

 

施術後は、お風呂につからずに、シャワーのみにしましょう。

 

また、肌がダメージを受けて敏感になっているため、肌に刺激を与えないように、ゴシゴシとこすったりせず、優しく洗うようにしましょう。

 

保湿

 

 

施術により、肌はダメージを受けた状態になっています。

 

医療レーザーや光脱毛などの、熱エネルギーによる脱毛の場合、熱によって肌の水分が奪われ、乾燥した状態になってしまいます。

 

肌が乾燥すると、バリア機能が低下し、痛みを感じやすくなります。

 

保湿して肌を柔らかくすることで、肌への刺激や痛みを抑えるだけでなく、埋没毛を防いだりすることもでき、脱毛効果アップにつながります。

 

肌の水分量が少ないと、レーザーや光が皮膚の奥まで届かず、十分な脱毛効果を得られません。

 

乾燥がひどいと、施術を断られることもあります。

 

脱毛期間中は、化粧水や保湿クリームなどで、特にしっかりと保湿をするように心掛けましょう。

 

アイシング

 

 

熱エネルギーによる脱毛の場合、皮膚表面は軽いやけどを負ったような状態になっています。

 

皮膚の内側に熱がこもり、ほてりやむくみなどの症状が現れることがあります。

 

施術後はサロンやクリニックでアイシングが行われますが、それだけでは十分ではないこともあります。

 

自宅に帰ってからも症状が続く場合、冷たいタオルや保冷剤でアイシングをしましょう。

 

日焼け防止

 

 

脱毛期間中の日焼けは厳禁です。

 

脱毛により肌はダメージを受け、敏感な状態になっています。

 

そのため、紫外線によって色素沈着や炎症を起こしやすくなっています。

 

また、極端に日焼けをしてしまうと、やけどなどのリスクが高まるため、日焼けが落ち着くまでは施術を受けられなくなります。

 

紫外線の多い時期には、帽子やサングラス、アームカバーを使用し、肌を保護するように気を付けましょう。

 

ムダ毛処理

 

 

施術後は、肌がとても敏感な状態になっているため、約1週間はムダ毛の処理を控えるが良いでしょう。

 

カミソリでの自己処理は、皮膚表面を傷つけ、余計に乾燥を招いてしまうなど、肌への負担が大きいです。

 

また、毛抜きでの自己処理も脱毛期間中はやめましょう。

 

医療レーザーや光脱毛の多くは、ムダ毛のメラニン色素(黒い色素)にレーザーや光を反応させるという脱毛法です。

 

毛抜きによって根元から毛を抜いてしまうと、レーザーや光に反応するものがなくなってしまうため、脱毛効果を得られなくなります。

 

ムダ毛処理をする場合には、肌への負担が少ない電気シェーバーを使用することをオススメします。

 

血行が良くなることは禁止(飲酒・サウナ・運動・マッサージ)

 

 

施術後は血行が良くなると、かゆみを感じやすくなることがあります。

 

また、体温が上昇すると、熱が体にこもってしまい、肌トラブルを引き起こす原因となります。

 

さらに、サウナや運動では汗をかきます。

 

汗をかくと雑菌が繁殖しやすくなります。

 

施術によって毛穴も開いた状態になっており、そこに雑菌が入ると炎症を起こしてしまいます。

 

施術当日は、血行が良くなることや汗をかくようなことは避けるようにしましょう。

 

炎症へのケア

 

 

施術後は、熱によるダメージにより、肌に赤みや痒み、むくみなどの症状が出ることがあります。

 

症状は、通常であれば数日~1週間ほどで自然に治まります。

 

脱毛クリニックでは、施術直後に炎症止めの薬を塗布したり、自宅で使用するための軟膏を処方するところもあります。

 

炎症が出ている場合には、処方されている薬をしっかりと塗るようにしましょう。

 

痒みがある場合、皮膚を掻いて傷つけてしまうと、毛嚢炎などのさらなる炎症を引き起こす恐れがあります。

 

症状が続く場合や、悪化した場合には、すぐにクリニックやサロンに連絡し、医師の診察を受けるなど、早めに適切な対処を行うようにしましょう。

 

 

まとめ

 

脱毛が完了するまでには、ある程度時間がかかります。

 

ほとんどのリスクは、自己ケアによって防ぐことができます。

 

肌トラブルを起こすことなくスムーズに効果的に脱毛ができるよう、しっかりと自己ケアをしましょう。